【お家で寝かせて家庭の味に お家で熟成 仕込み味噌】

★製品紹介 【お家で仕込み味噌】


昔はお味噌を自分の家で仕込んでいました。
同じように仕込んでも、地域でも、家ごとにも味が変わって、でも、誰もが、家のお味噌が一番美味しい! と思っていました。
これを手前味噌といいます。

味噌の味が変わるのは、
糀の割合や、気温などもありますが、家ごとに空気や菌に微妙な違いがあるからです。味噌と同じ空気を吸って、自分の手で混ぜているうちに、いつの間にかしっくり馴染んでしまうから美味しいんですね。


■家族の一員のような味噌を仕込んでみませんか?

小池糀店で、糀と大豆の味噌玉、塩をご用意します。 秋ごろまでゆっくり待てば、手前味噌のできあがり!

仕込み味噌は味噌玉、糀、塩を混ぜた状態でお届けします.
10kg単位になります。糀は1枚1kgです。

通常のセット以外にも麦糀、お好みの糀割合も承ります。お問い合わせ下さい。 

ご購入は

お家で仕込み味噌

仕込み味噌 10kg
  6枚糀入   3,400円 (税別)
  8枚糀入   3,750円 (税別)
  10枚糀入 4,100円 (税別)
  15枚糀入 4,900円 (税別)

>>ご購入はこちらから

 


 

■ お家での仕込み・手入れ方法 ********

 ■仕込み方  ■手入れの方法  ■食べ頃  ■味のヒント


■仕込み方

1)味噌玉、糀、塩を混ぜた状態でお届けします(段ボール包装)。

2)大きな桶に味噌をしっかりと固く詰めます。桶は漬け物用のポリバケツでOKです。

3)味噌の表面を平らにならします。

4)ラップ、または硬くしぼった布巾(熱湯消毒したあと塩水につけ、固くしぼる)で表面をおおい、
 中蓋をして重しを乗せます。

5)容器の口を清潔な紙でおおい、ヒモでしっかりとしばって、仕込み完了! 
  仕込みの年月日を書いたラベルもはっておきます。

■手入れの方法

仕込んで最初の夏(7月下旬~8月上旬)にふたをとり、全体をよくかきまぜ、仕込んだ時の状態に戻します。味噌につくカビは酸まく酵母といい、体に害はありませんが、風味を保つために熱湯消毒した布巾できれいにふきとります。

■食べごろ

仕込み味噌は、仕込んで最初の夏を過ぎ、秋になったら食べ始めます。
長く寝かせる場合は、一年を通じて温度が安定している場所で手入れをしてください。

例:
2014年4月仕込み→2004年8月手入れ→2014年10月下旬食べ始め
2014年10月仕込み→2005年8月手入れ→2015年10月下旬食べ始め

■味のヒント

*甘味*糀の割合(歩合)が多いほど甘くなります。
*赤み*寝かせている時の温度が高いと赤くなり、低いと白っぽくなります。量が少なくても、赤くなりやすくなります。