【昔ながらの玉造り自然派・熟成味噌】

★製品紹介 【味噌玉自然派味噌】

素材を厳選し、
山形県産大豆(JAS有機無農薬)エンレイ山形県産米(JAS有機無農薬)つや姫
天然天日塩で仕込みました。

香りは芳醇、力強い味わいの濃厚な味噌。
どんな料理にも合い、素材の味をひきたてます。


そのままで、または酢やゆずと合わせて、野菜や、コンニャク、田楽などに。豆板醤と合わせて、肉野菜炒めの味付けや焼肉のタレにも。豚汁、鯖の味噌煮、牡蠣の土手鍋などの煮込み料理には、濃厚な味わいで素材をひきたてます。もちろん、味噌汁、焼きおにぎりも美味しいですよ。お得意な味噌料理の全てにお使いください。


自然派味噌ができるまで

素材にもこだわって、味噌を作る!

そう決めてから、素材探しに二年。 味噌を仕込んで、寝かせること二年。
やっとできあがった味噌は、芳醇な香りにあふれ、力強い味わいに仕上がっていました。
素材の恵みで、これほど濃厚な味噌になるなんて
自然の力、素材たちの相性の良さ に改めて驚かされました。

自然な素材たちに感謝の気持ちを込めて、この味噌に  自然派 と名づけました。

 

糀も味噌も手間と時間をかけて作っているのに、
なぜ、いままで素材を強調しなかったのか、不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

その昔、木曾谷の味噌は、伊那のあまったお米で仕込んでいました。おばあちゃんの時代には、町の人たちは家のお米をもってきて、味噌や糀と交換していました。あまったお米でも一粒残らず大切に、手間と時間をかけて、極上の味噌を醸し出すのが木曾谷の方法だったのです。 

現在は、自然な食べ物を選ぶ人が多くなり、生産者や産地も増えました。おかげで、小池でも、味噌に合った素材を選ぼうと考えられました。

でも、いくら素材がよくても、手間と時間をかけなければ、極上の味噌にはなりません。これからも、手間と時間を惜しまず、より美味しい味噌を作っていきます。


■自然派のこだわり素材

自然派味噌のこだわり素材をご紹介します。

北海道産無農薬有機栽培大豆(有機JAS認定なし)
山形県産減農薬米コシヒカリ
天然天日塩使用

【ご注意】
小池糀店の味噌は、糀菌や乳酸菌、活性酵素が生きています。お届き次第、プラスチックなどの保存容器に移し、冷蔵庫に保管して、早めにお使い下さい。使うたびに表面をならしておくと、風味が落ちにくくなります。


ご購入は


500g  680円 (税別) 
800g 1000円 (税別)

>>ご購入はこちらから